米GMが2019年に量産する無人運転車「クルーズAV」。自動運転車の開発競争で先頭を走るグーグルを強く意識した車両だ。IT大手が脚光を浴びる開発競争で、存在感が薄かったGM。クルーズAVは、開発競争で巻き返す実力を秘める。前編ではグーグルとの違いを強調するGMの戦略を追った。後編ではクルーズAVの技術に迫る。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い