PR

 広い店内のどこを見渡しても、カメラ、カメラ、カメラ──。まさに圧巻だった。その数、実に700台。そんなスーパーマーケットが2018年2月14日に、福岡市にオープンした。地元に本社があるトライアルカンパニーの「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」である。

 まず入り口正面の天井にぶら下がる正方形のカメラが来店客を出迎える。店内中央に長く伸びる通路を見上げると、蛍光灯と並行して、おびただしい数のカメラが列をなす。異様な光景ではあるが、これが未来の流通業の姿を予感させるスマートストアなのかと感じさせるには十分なインパクトだ。アイランドシティ店は24時間営業なので、カメラも24時間動き続ける。

来店客を出迎える、新店入り口にある正方形のカメラ。写真後方の天井にぶら下がるのも全てカメラで、店舗全体で合計700台を設置。目的に応じて、2種類のカメラを用意した
来店客を出迎える、新店入り口にある正方形のカメラ。写真後方の天井にぶら下がるのも全てカメラで、店舗全体で合計700台を設置。目的に応じて、2種類のカメラを用意した
[画像のクリックで拡大表示]

全ての棚を600台の長方形のカメラ(赤枠)で撮影。来店客の商品への接触度合いや購買行動を把握する
全ての棚を600台の長方形のカメラ(赤枠)で撮影。来店客の商品への接触度合いや購買行動を把握する
[画像のクリックで拡大表示]

2018年2月14日にオープンしたトライアルカンパニーのスマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」
2018年2月14日にオープンしたトライアルカンパニーのスマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」
[画像のクリックで拡大表示]

 よく見ると、先ほどの正方形のカメラとは別に、白いフレームの長方形のカメラもある。トライアルは目的に応じて、2種類のカメラを用意した。