PR

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、世界最大規模の試験高炉(容積12m3)での、二酸化炭素(CO2)排出量低減の検証試験を完了したと発表した(ニュースリリース)。試験の結果、CO2排出量を30%削減する技術にめどを付けたとしている。

 同試験は、神戸製鋼所、JFEスチール、新日鉄住金、新日鉄住金エンジニアリング、日新製鋼とともに、「環境調和型プロセス技術の開発/水素還元活用製鉄プロセス技術開発」(COURSE50)プロジェクトとして進めていたもの。2016年度に新日鉄住金君津製鉄所構内に試験高炉を建設し、これまでに計4回の試験操業を行った。

図1 試験高炉とCO2分離・回収設備
[画像のクリックで拡大表示]
図1 試験高炉とCO2分離・回収設備
(出所:NEDO)

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料