PR

 トヨタ自動車が2018年2月26日に発表した排気量2.0Lエンジン用のハイブリッドシステム「THS II」は、加速時の制御方法を改良してリニアで伸びのある加速を実現した。

 新しいTHS IIは、2.0Lエンジンやモーターを組み込んだトランスアクスル、PCU(パワー・コントロール・ユニット)、ニッケル水素電池パックで構成する。4代目「プリウス」に搭載した1.8Lエンジン用システムをベースに開発した。同日に発表した新型2.0Lエンジンを組み合わせる(関連記事:トヨタがTNGAベースの新型2.0Lパワートレーンを開発)

 従来のシステムでは、高速道路での追い越しや合流といった加速時にアクセルを強く踏み込むと、エンジンの回転速度が早く上がり、加速の後半に「もたつき感」があった。これに対して新しいシステムでは、加速初期のエンジン回転速度の上昇を抑え、同時にモーターでエンジンを補助する制御方法に変えた。これにより、「リニアで伸びのある加速を実現できた」(同社パワートレーン製品企画部チーフエンジニアの山形光正氏)という(図1)。

図1 新しい制御システムの概要
図1 新しい制御システムの概要
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料