PR

 ホンダは2018年3月8日、乗用ミニバン「ジェイド」の部分改良車を、同年5月に発売すると発表した。3列シート・6人乗りのガソリンエンジン車を2列シート・5人乗りの車両に変更する他、ハイブリッド車(HEV)を追加する(図1、2、3)。

ジェイド
図1 部分改良する「ジェイドRS」
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が2015年5月に発売したガソリン車「ジェイドRS」は、排気量1.5Lで直列4気筒の直噴ターボ・ガソリン・エンジン「VTEC TURBO」を搭載する。今回の部分改良では、小型車「フィット」などで使っている1モーターのハイブリッド機構「i-DCD」搭載車を追加する。

 これによりジェイドのHEVは、2015年2月に発売した排気量1.5Lで直列4気筒の直噴ガソリンエンジンにi-DCDを組み合わせるタイプと、今回の同1.5Lで直列4気筒の直噴ターボ・ガソリン・エンジンにi-DCDを組み合わせるタイプの2車種に増える。

部分改良車の後席
図2 部分改良車の後席
[画像のクリックで拡大表示]