PR

 トヨタ自動車はクルマや建設機械、家庭用の蓄電システムなどで電池パックを使い回せる仕組みをつくる。サイズを規格化して“乾電池”のように取り替えやすくする。電気自動車(EV)で5〜7年、他用途で8〜10年、通算15年ほどの活用を想定する。トヨタ連合のEV事業を率いる豊島浩二氏が2018年3月1日、「スマートエネルギーWeek 2018」(2018年2月28〜3月2日、東京ビッグサイト)内の講演会で構想を披露した(図1)。

図1 電池シェアの構想を披露したトヨタ自動車先行開発推進部EV事業企画室チーフエンジニア・室長の豊島浩二氏
図1 電池シェアの構想を披露したトヨタ自動車先行開発推進部EV事業企画室チーフエンジニア・室長の豊島浩二氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「(トヨタ内ではすでに)電池シェアの議論が始まっている」と豊島氏は明かす。最大の狙いは、電池を技術の進化に合わせて交換し、生産後でも車両性能を向上できるようにすることだ。例えば、1充電あたりの航続可能距離が200kmの車両を中古で購入した場合に、最新の電池と交換して400km走行できるようにする。電池の劣化に対する懸念を払拭できれば中古EVの価値を高められそうだ。自動車メーカー各社や建設機械メーカーなどを巻込み、同電池を社会全体で使っていけるように事業化する。

 車両開発の効率も高められる。従来までのEVは、車両に合わせて電池を専用で開発することが一般的だった。電池の形状や性能が車種によって違うため、各車両ごとに多くの開発工数を必要とする。「電池のサイズを規格化しておけば平行開発が可能になる」(豊島氏)とし、自動車メーカーは車両の開発に専念しやすくなる。EV開発における分業体制はさらに進む。

まずは超小型EVから

 電池サイズは構想段階だが、2人乗りの超小型EVコンセプト「TOYOTA Concept-愛i RIDE」に1個搭載できる大きさで検討を進めている(図2、3)。同車両の寸法は全長2500×全幅1300×全高1500mmで、ホイールベースは1800mm。電池の大きさは全長700×全幅800mmほどになりそうだ。豊島氏によると「(1個あたりの電池容量は)10〜15kWhほど」を想定しているという。乗用車やトラックなどに適用を広げる計画で、車格が大きくなれば搭載する電池の個数も増える。

図2 2人乗りの超小型EVコンセプト「TOYOTA Concept-愛i RIDE」、斜め前から
図2 2人乗りの超小型EVコンセプト「TOYOTA Concept-愛i RIDE」、斜め前から
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「TOYOTA Concept-愛i RIDE」、斜め後ろから
図3 「TOYOTA Concept-愛i RIDE」、斜め後ろから
[画像のクリックで拡大表示]

» 本記事の英訳はこちら