PR

 トヨタ自動車は2018年3月、燃料電池車(FCV)バス「SORA」を発売した(図1、2)。型式認証を取得した量産型のFCVバスは日本で初めて。同社が2014年に投入した乗用タイプのFCV「ミライ」の燃料電池機構を流用して量産にこぎつけた。8個のカメラによる周囲把握や、車内の揺れを減らすモーターのトルク制御など、バスとしては二つの「日本初」(同社)の技術を搭載。安全性を向上している。2020年までに東京都を中心に100台以上の普及を見込む。

図1 トヨタ自動車が発売した新型の燃料電池車(FCV)バス「SORA」、横から
図1 トヨタ自動車が発売した新型の燃料電池車(FCV)バス「SORA」、横から
[画像のクリックで拡大表示]

図2 斜め後ろから、水素は車両後部から充填する
図2 斜め後ろから、水素は車両後部から充填する
[画像のクリックで拡大表示]

8個のカメラで車内外を見守る

 「安全性の向上に軸足を置いて開発した」――。トヨタの開発担当者はこう胸を張る。特に新型車両では、車外と車内の両方に対して安全性を高めたことが特徴である。車外に対しては、周囲を把握するために8個の車載カメラを搭載。撮影した映像は、走行状況に合わせて数種類を組み合わせて運転席の液晶ディスプレーに表示する。

 同社が乗用車向けに搭載を広げている自動ブレーキなどの運転支援機能「Safety Sense」の技術を応用し、周囲の歩行者や自転車などの動体を検知する。運転者に音やイラストで注意喚起する。