PR

 トラックやバスなど商用車の領域で提携が広がっている。日野自動車とドイツ・フォルクスワーゲン(VW)のトラック・バス部門は、新技術の開発や部品調達など幅広い分野で提携を始める。2018年4月12日に都内で開いた会見で提携の合意書への調印を発表した(図1)。電動化や自動運転化などの新技術を早期に実現する他、既存のディーゼルエンジン技術などで競争力を高める。今後、専門の委員会を設立して詳細を詰める。

図1 提携発表の会見に登壇した日野自動車社長の下義生氏(左)、フォルクスワーゲンのトラック・バス部門CEO(最高経営責任者)のAndreas Renschler氏(右)
図1 提携発表の会見に登壇した日野自動車社長の下義生氏(左)、フォルクスワーゲンのトラック・バス部門CEO(最高経営責任者)のAndreas Renschler氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 日野とVWは、それぞれ年間約20万台の商用車を世界で販売する業界大手である。そんな両社が提携に踏み切った背景には、商用車業界の現状に対する「強い危機感」(日野社長の下義生氏)がある。

 その一つが物流事業者の人手不足だ。運転者の高齢化が進む中、電子商取引の普及などで物流の需要は高まり、人材の確保が難しくなっている。高齢者や未習熟者でも簡単に運転できるような車両の実現が急務である。そのためには運転支援機能の搭載は欠かせない。提携で両社のリソースを合わせられれば、研究開発費を削減したり、大量生産によって搭載コストを下げたりできる。新技術を幅広い車格の商用車に広げやすくなる。

 さらに、メーカー間の競争の激化も危機感の一つ。ドイツ・ダイムラー(Daimler)やスウェーデン・ボルボ(Volvo)に加えて、中国の新興トラックメーカーも世界シェアで上位に食い込む。日野やVWはこれら競合他社に遅れを取っている状況だ。

 日野自動車は、乗用車の世界販売台数でVWと共に首位を争うトヨタ自動車を親会社に持つ。下社長は「今後もトヨタグループとしての技術力や人材育成力といった強みを維持する。しかし、商用車特有の課題はグループ内だけでは解決が難しい」と語った。提携によってVWの豊富な知見を取り入れ、早い段階での巻き返しを狙う。