PR

 2020年度、大学入試の大学入試センター試験が大学入学共通テストに代わる。新たな取り組みとして注目が集まるのが英語の試験だ。実用英語技能検定(英検)といった民間試験の活用も含めて、聞く・読む・話す・書くの「英語4技能」を評価する試験が始まる。

 英語教育の新たな動きをとらえて、教育にITを組み込むエデュテックの新サービスが相次いで登場している。2018年4月、無料で学べる大学講座「gacco」をグループ会社経由で提供してきたNTTドコモや、スマートフォン(スマホ)向け英会話アプリ「TerraTalk」を提供するジョイズといった企業が、スマホ向けアプリを軸にしたクラウドサービスを相次ぎ始めた。いずれも大学入学共通テストの対策を含めた英語教育コンテンツなどを提供する、高等学校を運営する法人向けのサービスだ。

 NTTドコモは2018年4月2日、英語教育システムを手掛けるEduLabと共同で「English 4skills」始めた。専用のスマホやタブレット向けのアプリを通して、生徒向けにトレーニングとテストのコンテンツを提供。生徒はこれらを使って、聞く、話す、読む、書くの4技能に加えて文法の学習ができる。

English 4skillsの学習用コンテンツの例
English 4skillsの学習用コンテンツの例
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで学校の英語の授業で利用してきた教材は、大学入試で重視する読む、書くの2つの技能に重点を置いたものだった。今後の教材は新しい大学入試に合わせて、聞く、話すという2技能にも配慮していく必要がある。