PR

 「中小クリーニング店が画像解析にAI(人工知能)を駆使」「投資額はわずか30万円」――。福岡県田川市で「クリーニングハウスレモン」を運営するエルアンドエーの田原大輔副社長は、グーグルが開発・公開するAI(人工知能)ソフト開発ライブラリー「TensorFlow」を活用して業務効率化を図っている。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!