PR

 米Dell Technologies(デルテクノロジーズ)は2018年4月第3週、オープンソースのネットワークOS「OpenSwitch」で稼働するプロトコルスタック「Enterprise L3 Package」を発表した。ルーティングプロトコルのBGP、OSPFのほか、冗長構成用のMCLAG(Multi-Chassis Link-Aggregation)、障害検知用のBFDなどが含まれる。

Dell Technologies Enterprise Solution Director Strategy SDN兼Linux Foundation Board Chair、OpenSwitch ProjectのAlley Hassan氏
Dell Technologies Enterprise Solution Director Strategy SDN兼Linux Foundation Board Chair、OpenSwitch ProjectのAlley Hasan氏

 OpenSwitchは、オープンソースの持続可能なエコシステム構築支援を目的とする非営利コンソーシアム「Linux Foundation」が開発するホワイトボックススイッチ用のOS。ホワイトボックススイッチとは、市販のASIC、CPUを搭載した汎用的なハードウエアで稼働するL2/L3スイッチのこと。ハードウエアとソフトウエアが分離されており、ベンダー独自のハードウエアとOSを使ったL2/L3スイッチに比べてユーザーが機能を自由に追加・変更できるという特徴がある。Dell Technologiesは、Linux FoundationのOpenSwitchプロジェクトに主要メンバーとして参加している。

 Dell TechnologiesはOpenSwitchと有償サポートをセットにした「OS10 Open Edition」、OS10 Open Editionとデータセンター向けソフトウエアスタックを組み合わせた「OS10 Enterprise Edition」を提供する。「我々はMore Disaggregated(分離型)からMore Converged(統合型)まで様々な形態のOpenSwitchを提供している。自由に機能を組み合わせたい場合はOpen Edition、初めてOpenSwitchを利用するのであればEnterprise Editionを採用するのが早道だ」(Dell Technologies Enterprise Solution Director Strategy SDN兼Linux Foundation Board Chair、OpenSwitch ProjectのAlley Hasan氏)。今回発表したEnterprise L3 Packageは当面、OS10 Enterprise Editionの一部として提供されることになる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料