PR

 米フェイスブック(Facebook)傘下の米オキュラスVR(Oculus VR)は、VR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Oculus Go」を2018年5月1日に発売した。フェイスブックが同日に米国・サンノゼで開催した開発者会議「Facebook F8」で明らかにした。最大の特徴は、同等の性能を持つ競合製品と比べた場合の価格の安さだ。

「Oculus Go」の外観(出所:オキュラスVR)
「Oculus Go」の外観(出所:オキュラスVR)
[画像のクリックで拡大表示]

 Oculus Goは、スマートフォンやPCとの接続が不要な単体動作(スタンドアロン)型HMDで、頭の3軸方向の回転だけを検出する「3DoF(3 Degrees of Freedom)」対応である。記憶容量は、32Gバイトと64Gバイトの2種類から選べる。価格は、前者が2万3800円(税込み)、後者が2万9800円(同)。Oculus Goと同じく3DoF対応で、同等の性能を持つ韓国サムスン電子のスマートフォン向けHMD「Gear VR」は、単体の価格こそ1万円台だが、対応する同社製のスマートフォンも含めると約11万円になる。そのため、2万円台でVR体験に必要な環境がそろうという点でOculus Goの価格は魅力的といえる。

 スタンドアロン型のOculus Goは、スマートフォンと組み合わせて使うGear VRと比べて、設計でも有利な点が多い。例えば、Gear VRは熱がこもってスマートフォンが熱暴走しやすいのに対し、Oculus Goは適所にヒートシンクを設けるなど排熱に配慮した設計となっている。加えて、Gear VRではさまざまな大きさのディスプレーに対応できるようにレンズなどを設計する必要があったが、Oculus Goでは内蔵ディスプレー専用にレンズなどを設計できるので、画質を大幅に高められたという。