日本ペイント・オートモーティブコーティングス(本社大阪府枚方市)は、紫外線(UV)硬化型着色クリヤー塗料(以下、UV硬化塗料)が自動車の外装用樹脂部品に採用されたことを明らかにした。大手自動車メーカーが量産車などのセンターピラーで実用化。その部品を、日本ペイント・オートモーティブコーティングスは「高機能塗料展」(2018年5月9~11日、会場はインテック大阪)に出展した。UV硬化塗装を施した樹脂部品を自動車の外装に使うのは「世界初」(同社の説明員)という。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い