PR

 オランダNXP Semiconductors社は、Armコアベースの車載MCU/MPUである「S32」の第1弾製品として、「S32S」を発表した(日本語ニュースリリース)。制動装置(ブレーキ)やステアリング(ハンドル)などのいわゆるシャシーのECUに向ける。ASIL-Dに対応するセーフティー機能を備えており、次世代の自動運転車や電気自動車を視野に入れるという。

新製品の適用先。NXPのスライド
新製品の適用先。NXPのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで同社はさまざまなCPUコアをベースにした車載MCU/MPUを開発・提供してきた。その同社が方針を転換した。2017年10月に、英Arm社のCPUコアをベースにした製品に車載MCU/MPUを一新すると宣言したのである(関連記事1)。新たな車載MCU/MPUである「S32」はCPUコアだけでなく、さまざまな回路を共通化することで、用途に最適なチップを容易に開発できるようにしている。今回は、シャシー向けに最適したチップである。

S32では用途別に最適なMCU/MPUを開発する予定。今回の新製品は左上の製品に当たる。2018年中にもう1~2製品を発表する計画という。NXPのスライド
S32では用途別に最適なMCU/MPUを開発する予定。今回の新製品は左上の製品に当たる。2018年中にもう1~2製品を発表する計画という。NXPのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料