PR

 サーバーにFPGAなどのアクセラレーターをスムーズに接続するための規格「Cache Coherent Interconnect for Accelerators:CCIX」(「see 6」(シーシックス)と読む)。その第1弾である「CCIX Base Specification 1.0」がリリースされ、同規格のコンソーシアム(米CCIX Consortium, Inc.)のメンバーへの配布が始まった(ニュースリリース:PDF)。

CCIX準拠インターフェースを備えたデバイス同士を接続すれば、キャッシュコヒーレンシーの担保が容易になる。デバイスとしてはCPUやアクセラレーター、メモリーを想定する。CCIX Consortiumの図
CCIX準拠インターフェースを備えたデバイス同士を接続すれば、キャッシュコヒーレンシーの担保が容易になる。デバイスとしてはCPUやアクセラレーター、メモリーを想定する。CCIX Consortiumの図
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウドやデータセンターといった高い演算能力が求められる分野では、MPUで実現するCPUに、FPGAやGPUなどのアクセラレーターを加えるケースが増えている。CCIXはPCI Express 4.0の仕様を拡張したもので、レーン当たりのスループットは最大25G転送/秒。さらに、キャッシュコヒーレンシーを担保する機能がある。すなわち、CPUとアクセラレーターがCCIXインターフェースを備えていれば、ソフトウエアドライバーの変更なしで、CPUのキャッシュメモリーとアクセラレーターのキャッシュメモリー間のコヒーレンシーや、仮想共有メモリーのコヒーレンシーが担保できるという。

CCIXの構造。PCI Express 4.0をベースにキャッシュコヒーレンシー担保の仕組みなどを追加した。CCIX Consortiumの図
CCIXの構造。PCI Express 4.0をベースにキャッシュコヒーレンシー担保の仕組みなどを追加した。CCIX Consortiumの図

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料