PR

 URLやメールアドレスに使われるドメイン名の最後に付く文字列であるトップレベルドメイン。「tech.nikkeibp.co.jp」なら「.jp」が該当する。セキュリティ組織のThe Spamhaus Projectによると、.menや.clickといったトップレベルドメインを持つWebサイトの6割以上が危険な悪質サイトであるという。

急増するトップレベルドメイン

 従来、トップレベルドメインには主に2種類あった。gTLD(Generic Top Level Domain)とccTLD(Country Code Top Level Domain)である。

 gTLDは、利用する企業や団体の形態や用途に合わせて利用できるTLD。2000年11月までは、.com、.net、.org、.edu、.gov、.mil、.intの7種類しかなかった。

2000年より前から存在するgTLD
2000年より前から存在するgTLD
(出所:日本ネットワークインフォメーションセンター)
[画像のクリックで拡大表示]

 ccTLDは、国や地域ごとに付与されるTLD。日本なら.jp、中国なら.cn、英国なら.ukといった具合だ。200種類以上のccTLDが存在する。

ccTLDの例
ccTLDの例
(出所:日本ネットワークインフォメーションセンター)
[画像のクリックで拡大表示]

 そして2010年11月以降、第3のTLDが登場する。新gTLDである。新gTLDの最大の特徴は、企業や団体が任意のTLDを申請し取得できること。会社名や製品、サービス名、地域名(地方自治体名)をトップレベルドメインとしてWebサイトのURLやメールアドレスに利用できる。

 この新gTLDの登場により、トップレベルドメインの数は爆発的に増え、現在では1500以上が登録されている。.menや.work、.loanといった見慣れないトップレベルドメインの多くは新gTLDだ。