「減速機はロボットのキーパーツ。ロボット市場が拡大するのに合わせて、減速機市場は今後大きくのびていく。ロボット向け減速機には旺盛な需要があり、既に需給がひっ迫している。現在、生産能力を急ピッチで増強しており、従来の約40倍にする」――。日本電産会長 兼 最高経営責任者(CEO)の永守重信氏は、2018年6月20日に開催した株主総会やその後に開催した記者会見で、減速機事業への意気込みを冒頭のように述べた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い