PR

 ニュータニックス・ジャパンは2018年6月28日、マルチクラウド管理サービス「Nutanix Beam」、データベースのコピーデータ管理ツール「Nutanix Era」、ソフトウエア定義型ファイアウォール「Nutanix Flow」の記者説明会を開催した。これら3製品は、米ニューオーリンズで2018年5月に開催された米ニュータニックス(Nutanix)のプライベートイベント「.NEXT Conference 2018」で発表された。Nutanix BeamとNutanix Flowはすでに利用可能、Nutanix Eraは2018年下半期に提供を開始する。

ニュータニックス・ジャパン シニアソリューションアーキテクトの鈴木孝規氏
ニュータニックス・ジャパン シニアソリューションアーキテクトの鈴木孝規氏

 Nutanix Beamは、ニュータニックス・ジャパンの親会社である米Nutanixが2018年3月に買収した米ミンジャー(Minjar)のサービス「Botmetric」をベースに開発された。パブリッククラウドである「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」を横断的に監視して、「コストの可視化と最適化」「コンプライアンス管理」などのガバナンス管理機能を提供する。例えば、確保したまま使っていないリソースや利用率の低いリソース、利用実績が予算をオーバーしそうな部署を発見して担当者に警告レポートを出したり、クレジットカード業界向けの「PCI-DSS」、医療機関向けの「HIPAA」などのセキュリティー基準に準拠したポリシーべ―スのコンプライアンス管理を実行したりする。

 Nutanix Beamはクラウドで稼働するSaaS(Software as a Service)として提供されており、現在はAWSとMicrosoft Azureを管理対象とする。パブリッククラウドの「Google Cloud Platform」およびオンプレミスで稼働するNutanixのHCI(Hyper Converged Infrastructure)環境は、今後のバージョンアップで管理対象に追加するとしている。

 Nutanixは2017年、Nutaix HCI環境および主要なパブリッククラウドからアプリケーションが稼働する仮想マシンに適切なリソースを割り当てる「Nutanix Calm」というプロビジョニングツールを発表した(関連記事「NutanixがGoogleと戦略的提携、プロビジョニング機能も強化」)。Nutanix Beamはハイブリッドクラウドにおけるアプリケーションのライフサイクル管理において、「Nutanix Calmをビジネスの視点から補完する位置づけになる」(ニュータニックス・ジャパン シニアソリューションアーキテクトの鈴木孝規氏)。