PR

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が2018年7月5日に発表した2018年上期(1~6月)の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2期連続の首位となった。車内空間を広くして使い勝手を良くしたほか、予防安全システム「Honda SENSING」を標準搭載した全面改良車を2017年9月発売し、子育て層などを中心に販売を増やした(図1)。

2期連続で首位の「N-BOX」
図1 2期連続で首位の「N-BOX」
[画像のクリックで拡大表示]

 2位にはスズキの軽自動車「スペーシア」、3位にはダイハツ工業の軽自動車「ムーヴ」が入り、上位3位までを軽自動車が占めた。スペーシアは、2017年12月に発売した全面改良車の販売が好調だった。ムーヴも2017年8月の部分改良で、予防安全システム「スマートアシストIII」を標準搭載したことなどが販売増加に寄与した。

 登録車では、日産自動車の小型車「ノート」が4位に入った。同社は、シリーズ・ハイブリッド・システム「e-POWER」搭載車が消費者から支持されたとみる。登録車だけの順位では、1970年上半期の「サニー」以来、48年ぶりの首位である(図2)。

登録車で首位の「ノート」
図2 登録車で首位の「ノート」
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、2018年上期の新車販売上位10車種は以下の通り(カッコ内は前年同月比、※は軽自動車)。

2018年上期(1~6月)メーカー名車種名販売台数
1位ホンダN-BOX12万7548台(+20.1%)※
2位スズキスペーシア7万9718台(+38.1%)※
3位ダイハツムーヴ7万4109台(+2.7%)※
4位日産ノート7万3380台(-12.9%)
5位ダイハツタント7万1809台(-10.9%)※
6位日産デイズ7万1778台(-6.4%)※
7位トヨタアクア6万6144台(+3.1%)
8位トヨタプリウス6万4019台(-29.8%)
9位スズキワゴンR6万1987台(+8.4%)※
10位日産セレナ5万6095台(+3.2%)