PR

 横河電機がIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤を構築、2018年中に提供を始める。クラウドを活用し、製品データを一元管理する仕組みを実現した。基盤を使って新サービスを提供し、製品の売り切りからの脱却を図る。

 横河電機が提供するIoT基盤の名称は「Industrial IoT(IIoT)Foundation」。2018年4月に基本部分を構築した。米マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」を利用している。

新サービスに必要な機能を提供
新サービスに必要な機能を提供
図 横河電機のIoT基盤「Industrial IoT Foundation」(写真提供:横河電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 IIoT Foundationは製造現場に設置した同社製の各種機器からデータを収集・蓄積し、処理を実行して結果を表示するまでを担う。鳥越研児事業開発センター技術統括部長は「製品の単なる売り切りから業態転換を図る。付加価値の高いサービスを継続して提供していく」と狙いを説明する。

 IoT基盤の活用例として、鳥越部長は複数拠点の測定結果を活用した新サービスを挙げる。ディスプレーを搭載する工業用レコーダー(記録計)では温度や振動数といった測定結果を現場で確認できる。だが複数の現場でレコーダーを利用している場合、現状ではユーザーが拠点を回って結果を確認する必要がある。

 IoT基盤を使えばデータをクラウドで一元管理できるので、ユーザーはどこからでも複数現場の測定結果を確認できる。利便性の向上に加えて、「蓄積したデータを分析すれば機器の状態が分かる。異常の可能性があれば通知する新たなサービスも実現できる」(鳥越部長)という。