PR

 ドイツ・ボッシュ(Bosch)が電動アシスト自転車「eバイク」の領域で躍進している。クルマや電動工具で培った技術を結集し、モーターや電池などで構成する駆動モジュールを開発。2011年ごろから自転車メーカーに供給を始め、現在では4社が採用する。2018年春には各社を通じて日本市場に進出し、ヤマハ発動機やパナソニック、ブリヂストンの牙城を崩しにかかっている。日本メーカーへの供給も射程内だ。開発投資を続け、数年後には1000万台規模に成長するeバイクの世界市場でシェアトップを狙う。

ドイツ・ボッシュ(Bosch)が供給するeバイクの駆動モジュール
ドイツ・ボッシュ(Bosch)が供給するeバイクの駆動モジュール
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車部品のメガサプライヤーであるBoschの2017年の世界売上高は780億ユーロ(1ユーロ=126円換算で9兆8280億円)。このうちeバイクは売り上げで1%にも満たない事業であるが、成長の余地が大きい注目領域として位置付ける。同社によると、世界の自転車市場は年間1億3000万台で停滞している。一方でeバイク市場は成長が著しく、2012年から2018年までの期間で約3倍に拡大し、年間360万台となった。現在でも年間成長率は16%を超える。

 このままの速度で成長を続けると、7年後には1000万台に到達する見通し。これは、自転車の世界販売のうち8%がeバイクになる計算だ。成長をけん引するのはドイツやオランダなどの欧州市場である。Boschはすでに同市場の30%を握り、盤石な体制を築きつつある。

1000回/秒でペダルの挙動を計測

 欧州でBoschが高いシェアを獲得しているのは、電動アシストの制御技術で高評価を得ているから。同社eバイク部門のアジア太平洋地域を統括するFouad Bennini氏は「違和感が少ない自然な乗り味が最大の強み」と自信を見せる。駆動モジュールを構成するモーターや電池、車載ディスプレーなどを統合し、クルマや電動工具などのセンサー技術を組み込んで運転者の動きを早い段階で判断できるようにした。