PR

 日立製作所は、自動運転車やプラントの制御など、いわゆるミッションクリティカルな用途にAI技術を適用するための施策について、「DAシンポジウム2018」(8月29日~31日に石川県で開催、関連記事)で講演した。登壇したのは、同社の研究開発グループの金川信康氏(制御イノベーションセンタ主管研究員)である。

図1●登壇した金川信康氏。日経 xTECHが撮影
図1●登壇した金川信康氏。日経 xTECHが撮影

 同氏が講演の冒頭でも紹介したようにAIには何度かブームがあった。最近のAIの盛り上がりは、第3次AIブームと呼ばれている。第3次AIブームの起爆剤は、大規模なディープ・ニューラル・ネットワーク(DNN)をGPGPUで処理できるようになったことと言える。これによって例えば、自動運転での物体認識が容易になることが期待される。自動運転では今後、物体認識だけでなく、経路の選択や制御にもAIが使われるようになるとする。

図2●ディープラーニングの守備範囲が広がる。日立のスライド
図2●ディープラーニングの守備範囲が広がる。日立のスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 AIが盛り上がる背景には、ヒトでは難しい解をAIが出してきたり、適切な学習用データを用意すればアルゴリズム(ソフトウエア)開発の負荷を低減できたり、という期待がある。一方で、AI(DNNを使う処理)では、処理がブラックボックス内で行われるため、「AIが出してきた解で本当に大丈夫か」という不安がつきまとう。そこで、金川氏らのグループは、AI処理と組み合わせる安全検証機能の開発を行うことにした。これによって、失敗の許されないような制御において、人知を超えた安全な最適解を提供できるようになるという。例えば、自動運転車の想定外の事故がなくなったり、プラントなどの長期間稼働する大規模システムの自動運転/制御が可能になったりするという。

図3●人知を超えた安全な最適解の提供を目指す。日立のスライド
図3●人知を超えた安全な最適解の提供を目指す。日立のスライド
[画像のクリックで拡大表示]