PR

 西鉄バスがIoT(インターネット・オブ・シングズ)を活用したスマートバス停の運用を始めた。クラウドから時刻表データを配信して紙の貼り替えをなくす。2019年4月から本格的に導入する計画だ。

 スマートバス停の運用を始めたのは西鉄バス北九州だ。福岡県を中心に鉄道やバスを運営する西鉄グループで北九州市のバス事業を担う。

 同社が管轄するバス停は約2000カ所。2018年8月時点で6カ所にスマートバス停を設置し、近くもう1カ所増やす。2019年4月に本格運用を始めた後は「最大で年に500カ所のペースで置き換えていく」と西鉄バス北九州の森永豪営業課課長は見通しを話す。

電源なしで5年稼働
電源なしで5年稼働
図 西鉄バスのスマートバス停の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートバス停は電子ペーパーと液晶パネル、通信機器からなる。クラウドから配信した時刻表や広告のデータを表示できる。通信回線はLTEあるいはLPWA(ローパワー・ワイドエリア)を、クラウドには安川情報システムの「MMCloud」を使う。バス停は数時間に1回の割合で、時刻表や広告のデータが更新されたかをクラウドに確認。更新があればデータを受信する。

 スマートバス停には「リッチモデル」と「エコモデル」の2種類がある。リッチモデルは繁華街や市街地向けだ。時刻表や動画広告の表示にバックライトを持つ透過型液晶パネルを使う。外部電源が必要で、イメージはデジタルサイネージに近い。

 住宅地向けのエコモデルは外部電源が不要で、太陽光発電と電池で動く。電力消費の少ない電子ペーパーや反射型液晶パネルにデータを表示する。電源工事が不要で電気料金もかからないため、大量の設置に向く。過去の福岡県における日照データを参考に設計しており、曇天が5日続いても稼働できるという。