PR

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)グループの米Samsung Electronics North Americaは、2018年9月12~14日まで米国ロサンゼルスで開催されたモバイル関係の展示会「MWC Americas 2018」で、5G通信向け基地局を中心に、自社のスマートフォンなどのモバイル製品をアピールしていた。そのブースは、Sprint(スプリント)やVerizon(ベライゾン)といった米国の通信事業者より広く、大きな存在感を示していた。

 加えて、併設のカンファレンスでは、5G通信向けに、RF ICやモデムICといった「チップ(半導体製品)」からスマートフォンや家庭用ルーターといった「端末」、基地局などの「インフラ」製品に至るまで、幅広く手掛けている点をアピールしていた。

Samsung Electronics North Americaのブース(撮影:日経 xTECH)
Samsung Electronics North Americaのブース(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
5Gに関して幅広く手掛けていることをカンファレンスでアピール。写真は、9月13日の基調講演中に登壇したSamsung Electronics North America President & CEOのTim Baxter氏のスライド(撮影:日経 xTECH)
5Gに関して幅広く手掛けていることをカンファレンスでアピール。写真は、9月13日の基調講演中に登壇したSamsung Electronics North America President & CEOのTim Baxter氏のスライド(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]