PR

 「5Gは遠い将来の話ではなく、もうすぐそばまで来ている」――。そう感じられるほど、米国ロサンゼルスで2018年9月12~14日まで開催されたモバイル関係の展示会「MWC Americas 2018」では、「5G」の文字があちこちで躍っていた。米国の大手通信事業者に加えて基地局メーカーも、自社ブースや併設カンファレンスなどで5Gサービスや5G向け基地局などをアピールしていた。実際、AT&TやSprint(スプリント)、Verizon(ベライゾン)といった米国の通信事業はそれぞれ、MWC Americasの開催に合わせて、5Gサービスの開始時期を発表するなど、積極的な姿勢を見せた(関連記事1)。

 中でも、開催初日にプレスカンファレンス(報道機関向け発表会)を開催したり、展示会場入り口そばに大きなブースを設けたりして、5Gへの取り組みをより積極的にアピールしたのは、Sprintである(関連記事2)。発表会には、同社 CTOのJohn Saw氏が登壇。5G関連の話題の他、5Gへの「橋渡し役」として位置付けるLTE-Advancedに対する取り組みなどを紹介した。

Sprintのブース
Sprintのブース
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
SprintのプレスカンファレンスにはCTOのJohn Saw氏が登壇
SprintのプレスカンファレンスにはCTOのJohn Saw氏が登壇
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]