PR

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入したいがコストがかさむのが難点。こんな企業の悩みに応える人材派遣・紹介サービスが相次ぎ登場している。RPAの開発・導入を担う人材を月額20万からと低料金で調達できるサービスも現れた。

 「RPA人材の派遣を大手ベンダーに頼むと、常駐型で月に数百万円かかる場合もある。コスト面のハードルを下げる」。クラウドソーシングを手掛けるクラウドワークスの酒井勇輔フォージ事業部長はこう強調する。

 クラウドワークスは2018年9月、RPA導入支援サービス「Forge RPA」の提供を始めた。ソフトウエアロボット(ソフトロボ)の開発や保守を担う人材派遣サービスを、RPAテクノロジーズのRPAツール「BizRobo!」などとともに提供する。料金は月額20万円からだ。

料金は大手コンサルの半額以下

 2018年9月から10月にかけて、人材サービス会社によるRPA人材派遣・紹介サービスが相次ぎ登場している。クラウドワークスのほか、フリーランスのコンサルタントを紹介しているみらいワークスと転職支援などを手掛けるビースタイルが10月1日に始めた。みらいワークスの「RPAプロフェッショナルズ.jp」は業務分析コンサルタントやエンジニアを派遣・紹介。ビースタイルの「RMaD」はNTTデータのRPAツール「WinActor」を使ってソフトロボを開発するエンジニアを派遣するサービスだ。

 7月にWinActor向け人材派遣サービスを始めた、人材サービス大手のパーソルグループは9月に米UiPathのRPAツール「UiPath」も対象とした。これに先立ちRPA教育サービスのMAIAは5月、RPAテクノロジーズなどと共同でBizRobo!を使う女性開発人材を派遣する「RPA女子プロジェクト」を始めた。

 各社はサービス料金を安価に設定している。MAIAは月額30万円から、パーソルグループは同70万円からだ。ビースタイルは時給3500円からで、1日8時間・月20日間だと56万円となる。みらいワークスは月額130万円からで「大手コンサルティング会社の料金の2分の1から3分の1程度に当たる」(みらいワークス)という。

 RPA人材の派遣・紹介サービスは2017年ごろに登場したが、企業のニーズに合うものは限られていた。新サービスの相次ぐ登場で選択肢は一挙に広がった。

RPA人材サービスの3つのパターン
RPA人材サービスの3つのパターン
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い