PR

 パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部の新潟工場が、エコソリューションズ社におけるスマートファクトリー化のモデル工場として、ロボットやIoT(Internet of Things)、人工知能(AI)を活用した生産改革を進めている(図1)。2016年から本格化した取り組みの成果は既に表れており、「2017年度の生産効率は、2016年度比で2割向上した」(新潟工場工場長の森川誠氏)という。

図1 パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部の新潟工場
図1 パナソニック エコソリューションズ社ライティング事業部の新潟工場
主にBtoB向けの照明器具を生産する。(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]