PR

 エースシステム(大阪府和泉市)と大阪府立大学は、過熱水蒸気の持つ凝縮熱を利用した新しい調理システムによるデモンストレーションを、大量調理向けの食の専門展示会「フードシステムソリューション2018」(2018年9月26~28日、東京ビッグサイト)で披露した。大阪府立大の学生が、学校給食や病院給食を想定した調理デモを実施した(図1~図3)。

 学校や病院での給食は、エネルギー量や栄養バランスを考えて作られている。一方、「おいしくない」という声が少なくない。おいしくなくなる原因は、短時間で大量に調理する際に、栄養成分が食材から失われることにあった。

 例えば、野菜をゆでて調理する場合、野菜の中まで熱が十分に伝わるまでに時間がかかるため、ゆでている間にビタミンCが水に溶け出してしまう。その結果、野菜本来の甘い味や自然な香りが失われることになる。

図1 調理デモを実施したブースの様子
図1 調理デモを実施したブースの様子
(写真:エースシステム)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 茶碗蒸しの調理デモ
図2 茶碗蒸しの調理デモ
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 大阪府立大の学生も参加し、デモを行った
図3 大阪府立大の学生も参加し、デモを行った
(写真:エースシステム)
[画像のクリックで拡大表示]