PR

 ドイツ・コンチネンタル(Continental)は、車両の前方を監視する単眼カメラにサラウンドビューカメラを組み合わせて先進運転支援システム(ADAS)の信頼性を向上する技術を開発した。同社の日本法人が2018年10月下旬に開催した技術試乗会「Continental Japan TechRide 2018」で報道陣に披露した。

 車両の前方や後方、ドアミラーに魚眼カメラを1個ずつ合計4個取り付けて使うサラウンドビューカメラ――。現在は主に、駐車時の支援に使われている。これを、ADASの車線維持や車線逸脱防止といった機能で不可欠な車線検知の信頼性向上に役立ようというのが、同技術だ。

 現状、ADASの車線検知に用いられているのは、一般的には、フロントガラス越しに前方を監視できるようにルームミラーの背後に設置した前方監視カメラだ。同カメラの画角から外れるような急なカーブや、先行車との距離が短くなって先行車で車線が隠れてしまう渋滞時には、同カメラでは車線を検出できない。

 これに対してサラウンドビューカメラは、それぞれの魚眼カメラが180度ほどの画角を持ち、車両の前後だけでなくドアミラーにも付いている。検出可能距離は10mほどと限られるが、ドアミラーに取り付けた両サイドの魚眼カメラを使えば、渋滞時でも車線の検知が可能だ()。前方監視カメラでは画角からはみ出る急カーブでも、検出可能距離の範囲内という制約は付くもののサラウンドビューカメラならとらえられる。

図 前方監視カメラとサラウンドビューカメラによる車線検出
図 前方監視カメラとサラウンドビューカメラによる車線検出
水色が前方監視カメラ、黄緑色がサラウンドビューカメラで検出した車線。先行車が近い距離に存在するため、前方監視カメラでは車線を正確に検知できていない。これに対して、サラウンドビューカメラは、近距離に限定されるが、車線を正確に検知できている。出所:コンチネンタル
[画像のクリックで拡大表示]