PR

 PFUは、産業コンピューター「ARシリーズ」の最上位機として「AR8300モデル320L」を発表した(ニュースリリース)。CPUとして、米インテル(Intel)のサーバー向けMPU「Xeon Scalable Processor(スケーラブル・プロセッサー)」(開発コード:Skylake-SP)を2個搭載する(関連記事1関連記事2)。

今回の新製品と特徴。PFUのイメージ
今回の新製品と特徴。PFUのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 産業用コンピューターに求められる高信頼性を実現するために、「システム監視コントローラーBMC(Baseboard Management Controller)」搭載し、例えば、「ブルースクリーンが出ても、リセットがかけられる」(同社)。さらに、いわゆるソフトウエアRAIDに対応する。ソフトウエアRAIDでは、RAID1をサポート可能である。すなわちHDDを2台用意してミラーリングを行う。このRAID1の制御を専用ハードウエアでなくソフトウエアで実行するのがソフトウエアRAIDである。また、医療機器など高精細なグラフィックス処理が必要な用途向けに、米NVIDIA社のGPU「Quadro P5000」を搭載できる。

産業用コンピューター(組み込みコンピューター)製品などにおける新製品の位置づけ。右上に新製品がある。PFUの図
産業用コンピューター(組み込みコンピューター)製品などにおける新製品の位置づけ。右上に新製品がある。PFUの図
[画像のクリックで拡大表示]