PR

 米Intel(インテル)社、2019年に製品投入を予定しているサーバー向けMPU「Cascade Lake AP(Advanced Performance)プロセッサー」の概略を公表した(ニュースリリース)。同時に、出荷開始したエントリーサーバー向けMPUの「Xeon E-2100シリーズプロセッサー」を発表した。

 同社は以前からCascade Lakeと呼ぶ次世代Xeonを開発していることを公表している。Cascade LakeはMeltdown/Spectreの脆弱性に対応したほか、AI処理向けにVNNI(Vector Neural Network Instruction)と呼ぶAVX512の拡張命令を搭載する。現行のサーバー向けハイエンドMPUの「Xeon Scalableプロセッサー」と比較して最大14倍程度の性能改善がなされていることが2018年8月の国際学会「HotChips」で明らかにされている。

Xeon発売20周年記念に次期ハイエンド製品などを発表。Intelの図
Xeon発売20周年記念に次期ハイエンド製品などを発表。Intelの図
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料