PR
超福祉展で開催されたシンポジウムの様子
超福祉展で開催されたシンポジウムの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 「インクルーシブ」(包括的な、包摂的なという意味)が開発の新しいキーワードであるとしたら、それを社会に実装するための手法が「共創」である。自社内部だけでなく、外部のリードユーザー、エクストリームユーザーを巻き込み、「共に創り上げていく」というプロセスが、インクルーシブ・デザインの実現には不可欠だ。

 「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」をキーワードに、優れたプロダクトやデザインの⼒で、障害者や⾼齢者などマイノリティーとマジョリティーとの間にある“意識のバリア”を乗り越え、福祉のあり⽅を変える・・・。2020年の東京パラリンピックの開催を契機に社会の変⾰を目指す「超福祉展(正式名称:「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」:2018年11月7日(水)~13日(火)渋谷ヒカリエ他)」では、来場者とともに共創する現場をそのまま切り取って見せるワークショップ的なシンポジウムも数多く開催された。そこには、企業が必要とするインクルーシブ・デザイン、オープンイノベーションに取り組むヒントが散りばめられていた。