NTTは、光を透過する2次電池を試作し、基本動作を確認した(図1)。存在を感じさせないことでIoT(Internet of Things)向け電池の応用範囲を広げる狙い。

図1 透けて曲がる電池
図1 透けて曲がる電池
左が開発品。右はLEDを点灯させた様子。(写真:NTT)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、電極を導電性フィルム上に成膜、電解質はゲル化した(図2)。

図2 透明な材料を採用した
図2 透明な材料を採用した
(写真:NTT)
[画像のクリックで拡大表示]