PR

 スリーエム ジャパン(本社東京、以下スリーエム)と愛知産業は2018年11月29日、多関節ロボットなどを利用した研磨作業の自動化へ向け、スリーエムの研磨材と愛知産業の自動化用グラインダーを組み合わせて顧客に提供する事業を開始すると発表した。溶接作業や塗装作業に比べて研磨作業へのロボット導入はこれまであまり進んでおらず、今後の成長が見込める市場としている。当初は鉄工所に向け、溶接前の準備作業と溶接後の仕上げ作業用に売り込み、その後鋳鍛造品の仕上げ、鉄道車両製作などへも広げていきたいという。

この記事は有料会員限定です

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!