PR

 ジャパンディスプレイ(JDI)は、ヘルメットに小型の車載用ヘッドアップディスプレー(HUD)を外付けできるユニット「XHD-02 KAIKEN」の開発を開始した。同社が2018年12月4日に開催した戦略発表会「JDI Future Trip」で発表した。2輪車での利用を想定したもので、2019年度中の販売開始を予定する。

 同社は、車載用HUDを内蔵する、いわゆるスマートヘルメット「XHD-01 スパルタ」を試作し、8月1日の戦略説明会で公開した。これに続くヘルメット関連の開発プロジェクトが、今回の外付けHUDシステムである。同社は8月の説明会でも、外付け方式を検討していることを明らかにしていた(関連記事「JDI、ヘルメットメーカーに全否定されながらHUD搭載」)。

ヘルメットの手前側に見えるのが外付けのHUDユニット
ヘルメットの手前側に見えるのが外付けのHUDユニット
[画像のクリックで拡大表示]
ヘルメットのひさしの部分にHUDを外付けした例
ヘルメットのひさしの部分にHUDを外付けした例
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い