PR

 ジャパンディスプレイ(JDI)は、ディスプレーに「音」や「香り」を組み合わせることで、利用者に新しい体験をもたらすことを目指した試作品を開発。同社が2018年12月4日に開催した戦略発表会「JDI Future Trip」で発表した。

 ディスプレーと音の組み合わせでは、楽曲に合わせて立体感のある映像を表示する音楽プレーヤー「XLP-01 MiOn」を開発した。液晶ディスプレーのLEDバックライトの光を自由に編集する手法を組み合わせることで、ディスプレーの明るさをダイナミックに表現することが可能になり、よりリアルなライブパフォーマンスを体験できる「見る音楽」を提供するという。

 同社は2019年にクラウドファンディングを実施し、製品化を目指す。映像コンテンツはウェブサイトからの継続的に配信する予定だという。

楽曲に合わせて立体感のある映像を表示する音楽プレーヤー「XLP-01 MiOn」
楽曲に合わせて立体感のある映像を表示する音楽プレーヤー「XLP-01 MiOn」
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い