全1860文字
PR

 印刷方式の有機ELディスプレーを開発・製造するJOLED(本社:東京都千代田区)が、最新の開発品や製品を「第28回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテックジャパン)」(2018年12月5~7日、幕張メッセ)で披露した。展示したのは、車載ディスプレーやeスポーツ向けモニターなど8種類。

 JOLEDが国内の展示会に出展するのは初めて。そこで、「ラインアップをブースにずらりと並べることで、印刷有機ELの認知を狙った」(同社)という。さらに、印刷有機ELの可能性を示すために、「応用や利用シーンを想定した展示を行った」(同社)とする。

 以降では、写真を中心に、8種類の印刷有機ELの展示内容を紹介する。

1. 車載ディスプレー

車載ディスプレー(試作品)
車載ディスプレー(試作品)
[画像のクリックで拡大表示]

 12.3型HDパネル3枚と、12.2型フルHDのフレキシブルパネル1枚を使い、コックピットの形にして展示した。車載は、JOLEDが強く期待する応用である。「高い視認性と高速応答という特徴を持つ有機ELは、運転中の情報確認を容易にする」(同社)という。また、今回の展示ではフレキシブルパネルを使うことで、「曲線を描くディスプレーが先進の車内空間を演出する」(同社)というアピールを行った。