PR

 日本財団は、オリィ研究所(東京・港)、分身ロボットコミュニケーション協会と協働して、遠隔地から分身ロボットを使って接客する「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」を2018年11月26日から12月7日までの期間限定でオープンした(ニュースリリース)。今回、ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者や脊椎損傷者など、これまで就労が難しかった重度障害者10名を店員(同カフェでは「パイロット」と呼ぶ)として採用。各パイロットは、オリィ研究所が開発を進める分身ロボット「OriHime」や「OriHime-D」を遠隔操作して、それぞれの自宅からテレワークによる接客業に挑んだ。パイロットの時給は1000円。今回のカフェでは、接客をパイロットがOriHimeとOriHime-D越しに行い、人間のスタッフは飲み物作りや店内の清掃を担当した。

遠隔操作されたOriHime-Dが注文を取りに来る
遠隔操作されたOriHime-Dが注文を取りに来る
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 オリィ研究所が開発した最初の分身ロボット「OriHime」は、インターネット経由でパソコンやスマートフォンから操作できる。コミュニケーション向けにカメラや、マイク、スピーカーを内蔵する。据え置き型だが、首や手を動かすことが可能で、遠隔地にいる人と会話を楽しんだり、リアクションを伝達したりすることで「その場にいる」感覚の共有を目指している。(関連記事:「ロボットと不登校――イノベーターを変えた出会い」「分身ロボットの誕生、大学を飛び出して“研究室”設立」「AIが人形劇に勝てない理由」「人が必要としているのは、AIではなく人」

据え置き型のOriHimeは、カウンターやテーブルの上で顧客と会話をする
据え置き型のOriHimeは、カウンターやテーブルの上で顧客と会話をする
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでOriHimeは、病気や障害によって、学校や会社に通えない人々の支援ツールとして用いられるだけでなく、育児や介護など、さまざまな事情を抱える人のテレワークツールとして約70社の企業が導入している。分身ロボットが"出社する"ことにより、ほかの社員と一緒に働いている感覚が得られ、オフィスを離れていても「会社に居場所がない」「復職しても戻る場所がない」と感じることがなくなるという。Web会議システムのように自宅の様子をカメラで撮影されることがないため、特に女性から支持されているとする。

 2018年7月に発表した新型モデルのOriHime-Dは、電動車いすに似た移動機能を追加し、前進・後進・旋回することで自由に動き回ることができるようになった。上半身には14の関節用モーターを内蔵しており、500gのペットボトルを持って運ぶこともできる。