PR
全905文字

 三菱電機は、世界最高感度をうたう赤外線センサーを開発した(図1)。最も感度の高い量子型と呼ばれる赤外線センサーに対して、10倍以上の感度を得られるとする。炭素材料のグラフェンを使い、その電子移動度の高さを生かした(図2)。

図1 開発したセンサーの概要と応用
図1 開発したセンサーの概要と応用
[画像のクリックで拡大表示]
図2 グラフェンの特徴
図2 グラフェンの特徴
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い