全700文字
PR

 SUBARU(スバル)は2019年2月28日、中型車「インプレッサ」と中型SUV(多目的スポーツ車)「フォレスター」のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。2008年9月19日から2017年3月29日に、群馬製作所(群馬県太田市)で生産した国内出荷分の30万6728台が対象である(図1)。

インプレッサ
図1 中型車「インプレッサ」
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 インプレッサとフォレスターについては、電動パワーステアリング装置(EPS)に不具合が発生し、2019年1月末にリコールを届け出た(関連記事)。それから1カ月後に再び、リコールに追い込まれた。今回はエンジン始動用スイッチの不具合が原因である。同社のリコールの連鎖が続く。

 今回リコールの対象になった2車種では、エンジン始動用の機械的スイッチの接点方式が不適切なため、ブレーキペダルを踏んだ状態でスタートボタンを押しても、エンジンが始動しない場合がある。具体的には、車内で使った清掃用品や化粧品類などから揮発したシリコーンガスがスイッチの接点部に付着して絶縁被膜になると、導通不良が発生するという。