全1097文字
PR

 オーシャンブリッジ(本社東京)は、ファイルサーバーに保存された文書や図面、画像をWebブラウザーからそのまま見られるようにするファイル共有ソリューション「Brava for FileServer」の新版「同16.3.3.1」の提供を開始した(ニュースリリース関連記事)。新版では、サーバーOSとして「Windows Server 2016」に対応した他、HTMLビューワーの表示機能を強化している。

 同ソリューションは、保存されたファイルを閲覧専用データに変換する「Brava Enterprise」と、ファイルサーバーのフォルダー構造をそのままWebポータル用に変換する「Astack for Brava Enterprise」の2種類のツールから成る。ファイルサーバーに保存されたファイルを、フォルダーツリー構造を含めてそのままWeb表示用データに変換。Webポータル上でファイル名をクリックすると、オリジナルファイルではなく閲覧専用データを表示する。これによりオリジナルファイルのコピーや印刷、ダウンロードなどを禁止しながらファイル共有を実現できる。

 新版では、Windows Server 2016への対応に加えて、Officeファイルの変換に使用するアプリケーションとして「Office 2016(32bit)」にも対応した。HTMLビューワーの表示種別には、直感的な利用が可能な「スマートUI」を追加している(図1)。

図1:「スマートUI」による表示例
図1:「スマートUI」による表示例
(出所:オーシャンブリッジ)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに標準機能として、全文検索が可能な検索エンジンを搭載した(図2)。ファイルサーバー上にある大量の文書の中から指定した文字列を含む文書を検索し、ヒットした結果をビューワーに表示する。従来版では、検索エンジンを別途に用意する必要があった。

図2:全文検索エンジンによる検索結果表示例
図2:全文検索エンジンによる検索結果表示例
(出所:オーシャンブリッジ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同ソリューションの特徴としてはその他、オンデマンド変換が挙げられる。公開対象となるフォルダー構造のみを事前に変換し、Webコンテンツとして公開。ファイル自体は、ユーザーがファイル名をクリックした段階で変換する。ユーザー側ではタイムラグなくファイルが表示されるという。あらかじめ全てのファイルを変換しておく手間と時間を削減できる上、変換のためにスケジュールを設定せずに済むため、システム管理者の負担を減らせる。

 文書・図面管理システムやBIツール、PDMなどを既に運用している場合は、それらとの連携も容易という。文書や図面の保存には既存のシステムを、表示にはBrava Enterpriseに搭載のビューワーを利用するといった使い分けが可能だ。ユーザーは従来の操作を変更することなく、同ソリューションの運用を始められる。