全2120文字
PR

 クラウドにデータを上げられるIoTセンサーを3ステップで開発できる評価キット「Degu(デグー)センサースターターパック」が2019年4月10日に発売される。IoTセンサーシステムに必要な回路図や部品表、ソースコードなどの設計情報を提供するオープンソースのプロジェクト「Degu」を利用することで、(1)200種類以上のセンサーから必要なものを選び、(2)ネットワーク設定して、(3)「GitHub」からサンプルコードをダウンロードして目的に合わせてアレンジすれば、米アマゾン ウェブ サービス(Amazon Web Services)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」にデータを上げられるIoTセンサーシステムを構築でき、ユーザーはクラウド上のアプリケーション開発に注力できるとする。

DeguによるIoTセンサー開発キットの例
DeguによるIoTセンサー開発キットの例
左が評価キット本体である「Deguベースユニット」の蓋を外したところ。右はGroveモジュールのセンサー。センサーはDeguベースユニットのメイン基板上にネジ止めして筐体内に内蔵することもできる(撮影:日経 xTECH編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

 Deguは6社が共同で発足した、IoTセンサーのオープンプラットフォームプロジェクトだ。具体的には、組み込み機器やゲートウエイなどを手掛けるアットマークテクノ、セキュリティー関連のICなどを扱うNXPジャパン、半導体や電子部品などのネット通販を行うコアスタッフ、Groveシステムのセンサーやアクチュエーターを扱うSeeed、無線通信モジュールなどを手掛ける太陽誘電、無線通信ICを扱うノルディック・セミコンダクターが協力している。デグーとはげっ歯目に属する動物で、集団行動して鳴き声などによりコミュニケーションを取ることが特徴。IoTセンサーに似ているとしてプロジェクト名に採用した。