PR
全1292文字

 コマツと東京工業大学は、共同研究の拠点として「コマツ革新技術共創研究所」(以下、共創研究所)を2019年4月1日に設置すると発表した(プレスリリース)。東工大のすずかけ台キャンパス(横浜市)に広さ325m2の専用スペースを確保し、幅広い分野での連携を進める。

図1 2019年3月25日の発足式
図1 2019年3月25日の発足式
コマツ専務執行役員CTO研究・開発環境管掌の岩本祐一氏(左)と東京工業大学学長の益一哉氏(右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 企業との大型連携を実現するための東工大の新しい産学連携プログラム「協働研究拠点」の第1号案件。同プログラムは、拠点内に企画室を設けて新たな研究プロジェクトを計画し、連携の枠を拡大する制度。企業側にとっては、共同研究に関連して東工大の各研究室との密な連携が可能になる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い