全1084文字
PR

 個人間売買の「フリマアプリ」と競争入札の「ネットオークション」の市場成長率にはっきりとした差が見えてきた。

 経済産業省が2019年5月16日に公表した、2018年の電子商取引(EC)市場に関する調査結果によると、フリマアプリ市場が前年比3割以上の高い伸びとなり、6392億円まで拡大したことが分かった。調査は1998年度から毎年実施しており今回で21回目だ。

フリマアプリの市場規模
フリマアプリの市場規模
(出所:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 本調査でのフリマアプリ市場とは、ネットを介した個人間売買のうち、売り手が価格を決めるサービスでの流通額を指す。国内では2012年に登場したフリル(現ラクマ)が初のフリマアプリとされ、ここ数年はテレビCMなどで主婦や若者層を開拓したメルカリが市場をけん引してきた。

主婦や若者など幅広い世代がフリマアプリを利用する
主婦や若者など幅広い世代がフリマアプリを利用する
[画像のクリックで拡大表示]

 同調査によると、2018年のフリマアプリ市場規模は6392億円まで拡大し、2年間で2倍に成長した。フリマアプリの登場からわずか6年で6000億円超の巨大市場が形成されたことになる。

 一方、約20年の歴史を持つネットオークション市場は前年比ほぼ横ばいの1兆133億円だった。1兆133億円という数字はCtoC(個人間取引)に加え、BtoC(消費者向け取引)とBtoB(企業向け取引)も含んでいる。前回の2017年調査はCtoCのみの市場規模も出していたが、「データが少なく今回は内訳を出していない」(経産省の担当者)という。

ネットオークションの市場規模
ネットオークションの市場規模
(出所:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]