全1049文字
PR

 トヨタ自動車は、2020年代前半に投入を計画する中型の電気自動車(EV)のモックアップを報道陣に公開した(図1~4)。公開したのは4種類のモックアップ。具体的には、「シエンタ」クラスのミニバン、「RAV4」クラスのSUV(多目的スポーツ車)、「カムリ」クラスのセダン、「ハイランダー」クラスの3列シートのSUVである。いずれも、中型EV専用のプラットフォームである「e-TNGA」を使う想定だ。

「シエンタ」クラスのミニバン
「シエンタ」クラスのミニバン
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「RAV4」クラスのSUV
図2 「RAV4」クラスのSUV
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「カムリ」クラスのセダン
図3 「カムリ」クラスのセダン
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 「ハイランダー」クラスの3列シートのSUV
図4 「ハイランダー」クラスの3列シートのSUV
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]