全1252文字
PR

50周年記念モデルは直販のみ

 RX 5700シリーズは、3製品からなる。3製品いずれも2019年7月7日に販売を始めるが、「RadeAMD Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary」のみ数量限定でAMDが直販する。その他の2製品は広くリテールチャネル経由でも販売される。なお、AMDは数週間以内にゲーム開発者向けのツールキット「FidelityFX」を提供する。

Radeon RX 5700シリーズ3製品の主な仕様。AMDの表
Radeon RX 5700シリーズ3製品の主な仕様。AMDの表
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のイベント「Next Horizon Gaming」でSu氏が発表した新たなMPUは、「第3世代Ryzen」のハイエンド製品になる「Ryzen 9 3950X」である。ゲーム用のデスクトップPCに向けた製品である。「COMPUTEX TAIPEI 2019」において同氏が発表した、他の第3世代Ryzenと同様にSocket AM4のパッケージで提供される。CPUコア数は16、スレッド数は32である。クロック周波数は定格3.5GHz。ブースト時は最大4.7GHz。L2とL3のキャッシュの合計容量は72Mバイトに達する。価格は749米ドルである。Ryzen 9 3950Xは2019年9月に発売の予定。

「Ryzen 9 3950X」を掲げるSu氏。筆者撮影
「Ryzen 9 3950X」を掲げるSu氏。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]