全1712文字
PR

 米オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)は2019年6月18日に東京都内で開いた車載センサーの記者説明会で、1200万画素の車載CMOSイメージセンサー「AR1212」の開発品を展示した。自動運転車の前方、および周辺カメラへの採用を目指す。

1200万画素の車載CMOSセンサー(開発品)
1200万画素の車載CMOSセンサー(開発品)
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 センサーのサイズは1.3インチと大きい。画素サイズも4.2ミクロンと、同社の800万画素の車載CMOSイメージセンサー「AR0820」の2倍と大きい。このため、感度やダイナミックレンジを大幅に改善できる。「クルマの前方や周囲をリアルタイムに撮影しながら、高精細地図(HDマップ)との整合を取る用途など、自動運転車への搭載を狙っている」(同社)という。

 同社は車載CMOSセンサーで62%、ADAS(先進運転支援システム)用のCMOSセンサーでは81%のシェアを持つという。ただ、最近はソニーが追い上げており、800万画素のAR0820はソニー対抗を強く意識した内容だった(関連記事)。今回は開発中の1200万画素品を展示し、技術の先進性を強調した格好だ。

 会見では車載センサーでソニーとどう差別化するのか、といった質問も出た。これに対し、同社はCMOSセンサーだけでなく、超音波センサーやミリ波レーダー用の送受信IC、3次元レーザースキャナー(LIDAR)向けの受光素子など、幅広い製品群を手がけていることが強みだと説明した。「ADASや自動運転では、1種類のセンサーで対応することが難しく、複数のセンサーを組み合わせた“センサーフュージョン”が欠かせない。この分野で強みを発揮できる」(同社Vice Presidentのロス・ジャトウ氏)という。

Vice Presidentのジョセフ・ノタロ(Joseph Notaro)氏
Vice Presidentのジョセフ・ノタロ(Joseph Notaro)氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
Vice Presidentのロス・ジャトウ(Ross Jatou)氏
Vice Presidentのロス・ジャトウ(Ross Jatou)氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]