全1749文字

 招待制とはいえ、Webサイトの配信でさまざまな講演を事後に視聴できる、米ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)主催のカンファレンス「Uber Elevate Summit 2019(3rd Annual Elevate Summit)」(2019年6月11~12日、米ワシントン)。そんなイベントにあって、Webサイトでの配信がなく、プレス(報道機関)の参加も禁止する「秘密」の講演があった。それが「Safety Testing Methodology」と題する講演(ワークショップ)である。内容は、空の移動サービスに向けた電動の垂直離着陸(eVTOL)機に搭載する2次電池の安全試験の手法について議論するというものだった。

 そこではさらに、一部の聴講者にしか配られなかった、ある文章があったという。その講演や文章からは、電動航空機向け2次電池の開発に腐心するウーバーの姿が浮かび上がってきた。

Uber Elevate Summit 2019の様子(撮影:日経 xTECH)
Uber Elevate Summit 2019の様子(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料