全2048文字
PR

 配車サービス大手の米Uber Technologies(ウーバーテクノロジーズ)は、同社が主催するイベント「Uber Elevate Summit 2019(3rd Annual Elevate Summit)」(2019年6月11~12日)で、2023年の開始を目指す空の移動サービス「Uber Air」に用いる機体の各種目標を明らかにした。Uber Airに用いるのは、電動の垂直離着陸(eVTOL)機、いわゆる「空飛ぶクルマ」である。同社は新しい参照(リファレンス)機「eCRM(eVTOL Common Reference Models)-004」を引き合いに出しつつ、Uber Airの機体で目標とする速度や航続距離、騒音水準、コスト、安全水準などを明らかにした。

「eCRM-004」のモックアップ(撮影:日経 xTECH)
「eCRM-004」のモックアップ(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]