全930文字
PR

 北原病院グループとNECは2019年7月9日、救急医療の受け入れ時に生体認証で本人確認をしたり、事前同意を踏まえた医療行為を提供したりするためのシステム「デジタルリビングウィル(DLW)」の実証を開始した、と発表した。

 DLWは、生体認証でセキュリティーが保護されたサーバー内に、個人の服薬情報や生活情報、万が一の際に延命治療をするかなどの治療方針に対する意思、亡くなった場合に誰に連絡するか、葬儀をどのようにするかなどの情報を保管するもの。情報の登録や更新、削除は本人が行う。

DLWのイメージ
DLWのイメージ
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 患者の個人情報の管理は、北原病院グループのKitahara Medical Strategies International(東京八王子市、KMSI)が担う。KMSIは、DLWを活用し会員制のサービス「北原トータルライフサポート倶楽部」を運営している(関連記事)。今回の実証は、北原トータルライフサポート倶楽部の会員を対象に行う。

 NECは、生体認証「Bio-IDiom」技術とクラウドサーバーを提供する。同社の執行役員常務の中俣力氏は、「患者が搬送された際に目を閉じている状態を想定し、生体認証の認識率を上げるために顔と指静脈、指紋を組み合わせることにした」と話す。